1. ホーム
  2. ASOPPA!レシピ
  3. 狩人さん

※レシピ等の安全性については利用者が自らの責任でご確認下さい。また、ASOPPA!利用規約にご同意いただける方のみASOPPA!をご利用ください(by ASOPPA!)

ID:0056552公開日:2019年05月24日

カテゴリ: 室内あそび, 集団あそび, そとあそび
狩人さん

有木昭久

目安人数:5人~

目安時間:15分~

難易度:かんたん

対象年齢:4歳~

おててポン

獲物を当ててさらに、鳴き声で獲物が誰だったかを当てるあそび


遊び方・作り方

  1. 鬼(狩人)は中心でその周りに他の子が輪になる。
    狩人は目を瞑り、他の子はグルグル回りながら「かりうどさん、かりうどさん、今日の獲物は何ですか」と言う。言い終わったら、止まる

  2. 狩人は人さし指を好きなほうに向けて「ズドン」と言う。指したところに誰もいなければ、もう一度やり直し。

  3. 指した方に誰かいたら「あたり」と他の子が言う。狩人はまだ目を開けない

  4. 狩人は「きつね」などという。指された子は声を変えながら「コンコン」など言われた動物の鳴きまねをし、誰の声か当てられたら狩人を交代する


コツ・ポイント・注意事項

なかなかズドンが当たらない時は、2回までできるなどルールを工夫してみてください


こんな季節にも

秋, 冬


タグ

投稿者

有木昭久

有木昭久(ありき てるひさ)
日本児童遊戯研究所所長/子どもの遊び研究家/あやとり作家
【略歴】
・1962年「ありんこ文庫」を設立(その後「ありんこ子ども会)となる)
・1970年「日本児童遊戯研究所」を設立し、「伝承遊び」「創作遊び」「野外遊び」の三本柱で子どもの健康づくりのための遊びについて、研究、創作、実践を始める
     「野外遊び」は会員制の「野外冒険クラブ」としてハイキングやキャンプ、スキー合宿など野外での活動を行う
・1980年「野外冒険クラブ」は独立して「日本児童野外活動研究所」となる
・「伝承遊び」「創作遊び」は「幼稚園の保育の遊び」と課外教室「ありんこ体力遊び教室」として、様々な幼稚園で活動を実施
・1982年玉川大学文学部児童専修非常勤講師(~1991年)
・その他、「ひらけポンキッキ(フジテレビ)」や「それゆけアンパンマンクラブ(BS日テレ)」、「はなまるマーケット(TBS)」などテレビ出演やラジオ出演多数
・現在は保育者・子どもの遊びに興味のある人の公開講座「ありんこと遊ぶかい」を主催

【著書】
・「伝承・創作指遊び・手遊び」「楽しいあやとり遊び」「すぐ遊べるゲーム全6巻」「保育カリキュラム資料」「アンパンマンとあそぼうあやとり」他(以上フレーベル館)
・「みんなであそぼう650のあそびのヒント集」「親子でたのしむストロー工作」(以上福音館)
・「ひとりあやとり・ふたりあやとり・びっくりあやとり」他(以上ポプラ社)
・「あやとり入門」(以上保育者)
他多数

【雑誌・執筆】
・「幼児の教育」(フレーベル館)、「おもちゃの科学」(小峰出版)他多数
・「幼稚園時報」「マミール」「小学館」「学研」他多数に連載

【CD・ビデオ】
・「手遊び・指遊び」「絵かき歌」(ポニーキャニオン)
・「糸で広がる世界 あやとりで遊ぼう」(こどもゆめ基金助成事業 全国視聴覚教育連盟)

シェアしてみんなであそぼう!

あそれぽ

0件

まだあそれぽがありません。

あなたにおすすめのレシピ

お祝いメッセージ
無料会員になる