1. ホーム
  2. ASOPPA!レシピ
  3. がいこつ( 板タイプ)-工作

※レシピ等の安全性については利用者が自らの責任でご確認下さい。また、ASOPPA!利用規約にご同意いただける方のみASOPPA!をご利用ください(by ASOPPA!)

ID:4263140公開日:2019年05月24日

カテゴリ: 工作, 室内あそび
がいこつ( 板タイプ)-工作

ねもといさむ

目安人数:4人~

目安時間:30分~

難易度:むずかしい

対象年齢:6歳~

板を使って手足がぶらぶらと動くがいこつを作ってみましょう。隠れて操れば、お化け屋敷で大活躍すること間違いなしですね!

こんなシーンでも:お化け屋敷,夏休み

利用道具・材料

シナ合板(厚さ4mmくらい)
鉛筆
糸のこまたは電動糸のこ
きり
紙やすり
ねじ・ドライバー
たこ糸
筆・空き容器
ネオカラー(蛍光ホワイト・黒)

遊び方・作り方

  1. シナ合板に鉛筆でがいこつの骨の絵を描く。周りを糸のこか電動糸のこで切り取り、ふちを紙やすりで磨く。ねじやたこ糸を通すための穴を、きりで開けておく。(体に付ける骨の先には穴を2つずつ開ける)

  2. まず骨を蛍光ホワイトのネオカラーで塗る。骨の白をすべて塗ったら、黒のネオカラーで周りと板の横側を塗る。

  3. ねじを使って絵のように組み立てる。ねじはきつく締めてしまうと手足がぶらぶら動かないため、締めすぎないように注意する。手足は裏側からたこ糸を付けて結ぶ。

  4. 上部にたこ糸を付けてたら出来上がり。

  5. 黒いカーテンの前で吊り下げて動かそう!


コツ・ポイント・注意事項

ネオカラーを塗るときはまず白で骨を少し太めに塗っておき、黒を塗るときにちょうどよい太さになるように塗っていくのがポイント。黒は骨にはみ出さないよう、慎重に塗っていきましょう。板を切るのは難しいので保護者と一緒に行うようにしてください。


こんな季節にも

夏, ハロウィン


こんなシーンでも

お化け屋敷, 夏休み


タグ

投稿者

ねもといさむ

あそびの翼 代表    https://www.asobiwings.jp
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
■受賞
コンテンポラリー・トイ・オブ・ザ・イヤー 2年連続トップ賞
  審査委員長:故クルト・ネフ/スイス・naef(ネフ)社創業者
  ドイツ・SINA(ジーナ)社が、ねもとの受賞おもちゃなど数点を商品化
世界・木のクラフト展 大賞 その他 受賞多数

■講師
   ~2012 プレイワーク・子どもの創造アトリエ を運営(東京・杉並)
2012~2017 女子美術大学 デザイン科 非常勤講師
       (講義:子ども・アート・遊び、実技:おもちゃデザイン)
■展覧会
おかざき世界子ども美術博物館(40日間開催、3万人入場)、
富山県こどもみらい館、常陽史料館など

■ワークショップ
水戸芸術館、鳥取わらべ館など多数

■講演
タイ商務省(バンコク)、ケーズデンキミュージアム(水戸)など多数

■著書
『つくってあそぼう、ダンボール』(フレーベル館)
『つくってあそぼう、リサイクル素材』(フレーベル館)
『にんぎょう・おめんをつくろう』(偕成社)
『おばけとあそぼう(お化け屋敷の作り方)』(偕成社)
その他、月刊誌『保育専科』(フレーベル館)、
『幼児と保育』(小学館)に連載など、寄稿多数

■愛知県立芸術大学 卒業 (卒業制作:おもちゃ/大学資料館収蔵)

シェアしてみんなであそぼう!

あそれぽ

0件

まだあそれぽがありません。

あなたにおすすめのレシピ

お祝いメッセージ
無料会員になる