1. ホーム
  2. ASOPPA!レシピ
  3. 顔出し人形-工作

※レシピ等の安全性については利用者が自らの責任でご確認下さい。また、ASOPPA!利用規約にご同意いただける方のみASOPPA!をご利用ください(by ASOPPA!)

ID:4784017公開日:2019年05月22日

カテゴリ: 室内あそび
顔出し人形-工作

ねもといさむ

目安人数:3人~

目安時間:30分~

難易度:ふつう

対象年齢:5歳~

何に変身できるかな?好きな人形を描いて飾って、顔出しパネルを作りましょう。顔を出したらぜひ、写真も撮ってくださいね!

利用道具・材料

ダンボール
木工ボンド
フェルトペン
ダンボールカッター
刷毛
紙や布など(飾り用)

遊び方・作り方

  1. ダンボールは、波が2層になったダブルを使用するか、シングルを木工ボンドで2枚貼り合わせたものを使用する。シングルを貼り合わせる場合は、波目を縦・横に組み合わせて貼ると強度が増す。

  2. ダンボールの板の前に立ち、顔の穴を開ける位置を合わせる。顔の位置に合わせて好きな人形を描く。

  3. ダンボールカッターで線に沿って切る。顔の部分も切り抜く。腕や足など、折れ曲がりそうな箇所はダンボールで裏打ちして補強しておく。

  4. 紙や布を貼って飾り、人形を仕上げる。紙を貼るときは、木工ボンドを水で薄めたものを刷毛で塗って貼るとよい。布には木工ボンドを薄めずにそのまま使う。木切れや塩ビ板を使ってのばすとやりやすい。

  5. ボンドが乾いたら出来上がり!穴から顔を出してみよう。


コツ・ポイント・注意事項

紙や布を貼るだけでなく、絵の具で塗ったり、手形を押して色を付けたりしてもいいでしょう。作品展の共同制作などでも活躍しそうですね。


タグ

投稿者

ねもといさむ

あそびの翼 代表    https://www.asobiwings.jp
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
■受賞
コンテンポラリー・トイ・オブ・ザ・イヤー 2年連続トップ賞
  審査委員長:故クルト・ネフ/スイス・naef(ネフ)社創業者
  ドイツ・SINA(ジーナ)社が、ねもとの受賞おもちゃなど数点を商品化
世界・木のクラフト展 大賞 その他 受賞多数

■講師
   ~2012 プレイワーク・子どもの創造アトリエ を運営(東京・杉並)
2012~2017 女子美術大学 デザイン科 非常勤講師
       (講義:子ども・アート・遊び、実技:おもちゃデザイン)
■展覧会
おかざき世界子ども美術博物館(40日間開催、3万人入場)、
富山県こどもみらい館、常陽史料館など

■ワークショップ
水戸芸術館、鳥取わらべ館など多数

■講演
タイ商務省(バンコク)、ケーズデンキミュージアム(水戸)など多数

■著書
『つくってあそぼう、ダンボール』(フレーベル館)
『つくってあそぼう、リサイクル素材』(フレーベル館)
『にんぎょう・おめんをつくろう』(偕成社)
『おばけとあそぼう(お化け屋敷の作り方)』(偕成社)
その他、月刊誌『保育専科』(フレーベル館)、
『幼児と保育』(小学館)に連載など、寄稿多数

■愛知県立芸術大学 卒業 (卒業制作:おもちゃ/大学資料館収蔵)

シェアしてみんなであそぼう!

あそれぽ

0件

まだあそれぽがありません。

あなたにおすすめのレシピ

お祝いメッセージ
無料会員になる