1. ホーム
  2. ASOPPA!レシピ
  3. カップル合わせ

※レシピ等の安全性については利用者が自らの責任でご確認下さい。また、ASOPPA!利用規約にご同意いただける方のみASOPPA!をご利用ください(by ASOPPA!)

ID:8325363公開日:2020年02月06日

カテゴリ: 室内あそび, 集団あそび
カップル合わせ

菅原道彦

目安人数:10人~

目安時間:15分~

難易度:ふつう

対象年齢:5歳~

背中に貼られた短冊は何かな?自分とペアのカップルは誰かな??
他の子のカードを見ながら自分のカードを予想してカップルを当てる集団遊びです。楽しく頭を使って考えましょう!

こんなシーンでも:お楽しみ会,バレンタイン

利用道具・材料

カップル名を書いた短冊 人数分

遊び方・作り方

  1. 2人組になるため偶数人で遊ぶ。
    図のように、2つでペアになるようなカップル名を書いた短冊を人数分用意する。

  2. リーダーを1人決め、ほかの子は円になり内側を向いて座る。
    リーダーがみんなの背中にカードを貼る。

  3. 「よーい」で立ち上がり、「どん」の合図でほかの子の背中を見て、自分のカップルの相手を探す。
    ※ほかの子のカードを見たとき、絶対に読み上げないこと!

  4. カップルがわかったら、2人でリーダーに見せに行き、合っていたら座る。


コツ・ポイント・注意事項

・カップルになるので、人数は偶数にする必要があります。子どもの数が奇数の場合は1人をリーダーに、偶数の場合は大人がリーダーになるとよいでしょう。
・カップル名の短冊は、カップルになればなんでもOKです。遊ぶ前に子どもたちと一緒に考えて短冊を作るのもよいでしょう。
・他の子のカードを見たときに何のカードか口で言ってしまうと、探す楽しさがなくなってしまいます。絶対に言わないというルールをきちんと伝えましょう。


こんな季節にも

バレンタイン


こんなシーンでも

お楽しみ会


タグ

投稿者

菅原道彦

菅原道彦

1945年福島県会津若松で生まれ、少年時代は東京の下町で遊びまくる。
多摩美術大学卒業後、カメラマンとして子どもの祭りや遊びを撮影する中で、1973年「あそびの学校」を主宰し、伝承あそびの継承に力を注ぎ、現在に至る。
作新学院大学女子短期大学部、共栄学園短期大学では幼児教育を目指す学生たちへ、豊かな遊びを伝えてきました。

~主な著書~
・まつりと子ども(全4巻 さ・え・ら書房)
・手づくりおもちゃ大図鑑(大月書店)
・あそびの学校(全5巻 ベースボールマガジン社)
・ふれあいあそび(フレーベル館)
他多数

~活動~
型・ベイ・あそびのホームページ(http://katabeiasobi.kids.coocan.jp/index.html
⇒ねんどの型あそび、日本ベイゴマ協会、あそびの学校

シェアしてみんなであそぼう!

あそれぽ

0件

まだあそれぽがありません。

あなたにおすすめのレシピ

お祝いメッセージ
無料会員になる