1. ホーム
  2. ASOPPA!レシピ
  3. くだものじゃんけん

※レシピ等の安全性については利用者が自らの責任でご確認下さい。また、ASOPPA!利用規約にご同意いただける方のみASOPPA!をご利用ください(by ASOPPA!)

ID:7723960公開日:2019年05月22日

カテゴリ: 室内あそび, ことばあそび
くだものじゃんけん

齋藤二三子

目安人数:2人~

目安時間:5分~

難易度:ふつう

対象年齢:5歳~

グーチョキパーを果物に見立ててじゃんけんをします。掛け声も少し変わっているじゃんけんです。

利用道具・材料

おはじきなど

遊び方・作り方

  1. グーチョキパーをそれぞれ果物に見立てる

  2. まずは普通のジャンケンで勝ち・負けを決める

  3. 例えばバナナ(チョキ)で勝った場合、勝った人は「バナナ、バナナ」と言い、3回目はお互いに好きな果物(グーチョキパー)の名前を言いながら、勝負する

  4. Bがパイナップル(パー)で勝ったので、Bが「パイナップル、パイナップル」と言い、3回目でまたお互いに好きな果物を言いながらグーチョキパーを出す

  5. リードして掛け声を出している方と同じものを出してしまったら負け。相手におはじきなどを1つ渡す。最後におはじきなどが多く残っている方が勝ち


コツ・ポイント・注意事項

おはじきではなくても何でもOKです。言葉と出している手が異なった場合どうするかのルールを決めておいても良いでしょう。意外に難しいですよ。


タグ

投稿者

齋藤二三子

幼児教育にかかわり50数年
幼稚園教諭10数年かつ主任を務めた後、日本児童文化専門学院、国際学院埼玉短期大学、東京成徳短期大学講師 を経て、、、
[現在] 幼児教育研究家、ことば遊び研究会講師、日本保育学会会員、日本国語教育学会会員、子育て支援学会理事、JICA横浜講師

心が弾むとことばも弾む 。 「心とことばを大切にする保育とは…」
御依頼があれば日本全国どこへでも馳せ参じ、幼児教育研究者と現場保育者との橋渡しをし、現場保育者の立場になって全国各地の幼稚園や保育園の顧問指導にあたり、各地の園で“保育全般にわたるアドバイザー”として活躍している。
また、乳幼児と関わり、子ども達のことばに共感し、教えられ早50数年…日々保育を楽しんでいる。そして、子ども達に影響力大の保護者や保育者への育児や教育の相談相手、教育研修会、実技指導、公開保育、講演活動を行っている。
さらに、50数年前に紹介し保育者として年長組の子どもたちと共にフランスの曲に合わせて替え歌として作詞した「グーチョキパー」の手遊びを皮切りに、子ども達が喜び、心やことばを大切にする伝承遊びなど楽しい遊びを発掘するなど、オリジナルの楽しい手遊び指遊び、ハンカチ遊びなどを多数紹介している。

シェアしてみんなであそぼう!

あそれぽ

0件

まだあそれぽがありません。

あなたにおすすめのレシピ

お祝いメッセージ
無料会員になる