公開日:2022/11/22

【手帳デコレーション】予定を書くだけではもったいない! 簡単にアレンジできるおすすめアイテム・実例4選

【手帳デコレーション】予定を書くだけではもったいない! 簡単にアレンジできるおすすめアイテム・実例4選

仕事の予定や子どもの習い事、帰省や家族のイベントなど、ママやパパにとって日々のスケジュール管理は大変です。

予定を忘れないために「スケジュール帳」を使っている人も多いのではないでしょうか?

デジタル化が進んでいる近年でも、アナログの手帳を愛用している人は多く、使い方次第で自分だけの一冊に作り上げることもできますよ。

 

そこで今回は、手帳をデコレーションするためのアイテムと、実際に活用している例を紹介します!

これから手帳デビューしたい人も、今の手帳ライフをもっと楽しみたい人も、ぜひ参考にしてくださいね。

 

メイン画像出典:https://www.instagram.com/p/CkwnhE6yv33/

スケジュール管理はデジタル? 手帳?

スマホの普及にともなって、デジタルでのスケジュール管理がしやすくなりました。専用のアプリを使って予定を共有している人も多いですよね。

 

しかし、kufuraが行ったアンケートによると、次のような結果が出ています。

 

紙派(手帳)・・・114票(32.9%)

紙派(壁掛けカレンダー、卓上カレンダー)・・・91票(26.2%)

デジタル派・・・93票(26.8%)

ツールを使ってスケジュール管理はしない・・・49票(14.1%)

 

引用:【2022年版】紙派orデジタル派?女性347人「スケジュール管理の方法」実態調査

 

デジタルだと充電を気にしたりフォーマットに沿った内容に限られたりするため、アンケートにもあるように紙派の割合は高く、手帳と兼用する人も多いのだとか……。

 

アイデアのメモ書きをしたい人や、イラストやデコレーションアイテムを使ってかわいく飾りたい人は、手帳でのスケジュール管理がおすすめですよ。

 

また「手帳は予定を書くもの」というイメージがある人も、家計簿として使ったり仕事のタスク管理に使ったりすることで、使い方の幅も広がるでしょう。

おすすめのデコレーションアイテムと使用例

シンプルに手帳を使うのも良いですが、ちょっとしたアイテムをくわえることで手帳ライフが楽しくなりますよ。

100円ショップでも手に入るおすすめのアイテムを紹介します。

マスキングテープ

ラッピングやテープの代用としても使いやすいマスキングテープは、手帳のデコレーションにも役立ちます。

貼ってはがせるのがマスキングテープの特徴で、貼り間違えても何度でも直せるのが◎。また、種類も豊富でお土産として売られていることも多いため、旅行の思い出として手帳に貼っても楽しいですね。

マスキングテープは、ただ貼るだけで簡単にオシャレな装飾ができあがるので、手帳初心者さんにもおすすめです!

さらに、文字も書けるのでタスクを記入し完了したら剥がすなど、デコレーションだけでなく実用的な使い方もできますよ。

デコレーションシール

最近では手帳用のシールの種類も豊富で、自分の好みによって組み合わせられます。

クリア素材のものは紙にも馴染みやすく、シールの上から文字も書きやすくなっているのでおすすめです。

クリア素材だと、一つひとつ並べて貼るのはもちろん、重ねて貼ることでオシャレ度もアップします!

好きな組み合わせを考えるのも楽しくなりますね。

水性マーカー

簡単に手帳に彩りをプラスしたいときには、水性マーカーが役立ちますよ。筆タイプだとカリグラフィーのようなオシャレ文字を書くのにも◎。

発色が鮮やかで、裏移りもしにくいのが良いですね。

簡単な文字の装飾にも使えるほか、タスク管理の目印にも使えます。

家族分の色を用意すると、それぞれのスケジュールを色分けして管理もできますよ。

可能性は無限大! 手帳の活用方法【4選】

「手帳を使いこなしたことはないけれど、来年からは新しく手帳をつける習慣が欲しい!」と思っている人も多いはず!

ここからは、自分らしい手帳の使い方をしている4名の手帳の活用方法を紹介します。

赤ちゃんの育児記録

出典:https://www.instagram.com/p/CkpZiygJCq4/

 

@____omochixxさんは、赤ちゃんの育児日記に手帳を活用しています。授乳や離乳食の時間、睡眠時間をタイムテーブルで記録しておくことで、一日の様子が細かくわかるようになっています。

その日の気づきを日記として書いておくと、見返すのも楽しくなりそうですね。

日記帳とデコレーション

出典:https://www.instagram.com/p/CkwnhE6yv33/

 

@sachi.tsurezureさんは、手帳の日記をデコレーションしてアレンジしています。シンプルな手帳ほど、自分好みに仕上げる楽しさがあります。

あらかじめスペースが決められた手帳も良いですが、イラストを描きたい人やテキストの形にこだわりたい人は、あえて余白が多い手帳を選ぶのがおすすめです。日記を書いた日の気分まで思い出すことができるので、読み返すのが楽しくなりますね。

お出かけの思い出の記録として

出典:https://www.instagram.com/p/CkwdaiTyEPV/

 

@25riさんは、お出かけの思い出を手帳に記しています。出かけ先で手に入れたシールやショップカードを貼ることで、思い出を記録しておけます。

マスキングテープで縁取ると、華やかさもプラスされて、彩りも◎。

毎日の積み重ね勉強の記録として

出典:https://www.instagram.com/p/Ckvg3deJtxM/

 

@rin_note_happyさんは、勉強方法のひとつに手帳を取り入れています。ウィークリー手帳に一日ひとつ英単語を書くことで、無理なくコツコツと積み重ねられそうですね。

マーカーを色分けしているため、単語と例文をセットで覚えやすいのも魅力です。手帳なので持ち運ぶことで、移動時間の勉強道具としても活躍しそうですね。

まとめ

スケジュール管理はデジタルでもできますが、手帳には手帳の良さがあり、スケジュールだけはなく日々の記録として活用している人も少なくありません。
また、シールやマーカーのようなアイテムを使うことで、シンプルな手帳も簡単にオシャレにデコレーションすることができますよ。見た目がかわいくなると、使うのも楽しくなりそうですね。

ぜひ参考に、来年は手帳を使って日々の記録を残してみてはいかがでしょうか?


文/丸山希

関連記事


こちらのサービスをご利用になるには無料会員登録が必要です

すでに会員の方こちら

初めてご利用の方はこちら

閉じる