公開日:2022/06/14

【キャンプ初心者必見】かゆいところに手が届くキャンプ一問一答!【明日、キャンプ行きませんか?】

【キャンプ初心者必見】かゆいところに手が届くキャンプ一問一答!【明日、キャンプ行きませんか?】

キャンプ人気が高まっている今日この頃ですが、キャンプをしたいけどなかなか踏み出せない方も多いのではないでしょうか。

 

そして、キャンプを始めるにあたっては、お金がかかりそう、テントの立て方が分からない、キャンプ場はどこを選べばいい、道具は何が必要などさまざまな疑問も持っていることでしょう。

 

これらの疑問については、以前の記事が非常に参考になると思いますのでチェックしてください。

【明日、キャンプに行きませんか?】シリーズ

初心者ファミリーキャンプに密着取材はこちら

キャンプ用品のレンタルと購入どちらがお得か徹底比較はこちら

キャンプ場の選び方はこちら

初心者は要チェック!キャンプの必需品・便利アイテム紹介!

 

今回の記事では、ネットで調べても細かすぎて出てこないけど、初心者なら気になるという問いに簡潔に答えていく、一問一答形式でキャンプの疑問について答えていきます!

 

これで安心してキャンプにトライできるはずです!

ファミリーキャンプ 基礎編

基礎編ではそもそもキャンプって何?というような基本的な質問をぶつけていきたいと思います。

Q1 キャンプって何が楽しいの?

大自然の中でリフレッシュし、食事や焚火、家族や仲間との時間をおもいっきり堪能することがキャンプの楽しさです。

Q2 キャンプを始めたい人はまず何をしたらいいの?

キャンプって実際何をすれば良いのでしょうか。それを知るためにまずは、キャンプに必要な道具は何かを知りましょう。

マンガでわかる!はじめてのファミリーキャンプ

 

次にキャンプ泊に必ず必要なもの(テント、マット、寝袋、ライト、チェア、テーブル等)から購入します。

最初はお家にあるもので代用したり、レンタルなどを活用して、少しずつお気に入りのアイテムを買い揃えて行きましょう。

 

初めてのキャンプが不安な方や道具をもってるけど使い方がいまいちわからない方にはイベントへの参加もおススメです。

コールマンのファミリーキャンプイベント

手ぶらでもOKなキャンププランを実施しているキャンプ場があるので、まずはそのようなプランを利用して、キャンプ自体を楽しんでみるのもいいかもしれません。

 

↓こちらもチェック!

キャンプ用品のレンタルと購入どちらがお得か徹底比較はこちら

初心者は要チェック!キャンプの必需品・便利アイテム紹介!

Q3 車もバイクもないけどキャンプって行ける?

キャンプを楽しんでいる方の中にはレンタカーや電車を活用している人もいます。

 

電車の場合は荷物もありますので、駅から近いキャンプ場を選ぶと◎。

 

キャンプ場の選び方はこちら

 

“でも、荷物が多いとやっぱり車だよね?”

コンパクトなキャンプ用品を選んだり、食材は近くのコンビニなどで調達したりと荷物を減らす方法はあるから車ではなくてもOK!

 

キャンプ用品もキャンプ場で借りることができますので、まずはレンタルから始めてみると良いかも。

 

キャンプ用品のレンタルと購入どちらがお得か徹底比較はこちら

Q4 キャンプのおすすめの季節はいつ?

暖かくなってきた春と暑さが落ち着いてきて涼しさの感じられる秋がおすすめです。

Q5 乳児がいるとオムツやミルクなど大変だから止めた方がいい?

お子さんの体調や安全面を一番に考えたうえで、余裕のある予定を立て、必要なものを準備しておけばOK!

 

万が一何かあっても大丈夫なように、キャンプ場周辺のホテルやコンビニ、病院などの情報を確認しておくとより安心。

ファミリーキャンプ マナー編

キャンプに限らず何かをするときにマナーを守ることは大切ですよね。

キャンプの場ではどのようなマナーが必要になるのでしょうか。

気になるマナーを見ていきましょう。

Q1 テントサイトでやっても良いあそびは?どこまでOK?

ボールなどを使った遊びは広場などでやるのがいいですね。
キャンプ場のルールに従い、他のキャンパーも安心して気持ちよく過ごせるようにしてください。

Q2 これだけは絶対にやってはいけないマナーは?

ごみを分別せずに捨てる、夜の就寝時間になっても騒ぐ、無断キャンセルをするなどはNGです。

 

各キャンプ場によってルールが設けられているので、ご利用の際は必ず守ってみんなで気持ちよく過ごしましょう。

Q3 ペットは連れていっていいの?

ペットと一緒に過ごせるキャンプ場を探そう。

 

なっぷなどでは詳細検索で「ペット可」という条件で探すことが可能。

大切な家族であるペット同伴でキャンプをしつつ、同じようにペット好きのキャンパーとの交流も期待できます。

 

ちなみに、周囲への配慮を忘れず、無駄吠えさせない、リードをつけるなどはマストで対応しましょうね。

Q4 子どもの泣き声は正直迷惑?

テントサイト同士で距離があることやキャンプ(自然)を満喫していることもあり、思っているほど泣き声などは気にしていません。

 

どうしても周りを気にしてしまう場合は、ひと声かけておくと安心。

Q5 静かにしておいた方が良い時間帯ってある?

キャンプ場には消灯時間が定められています。

時間になったら、周囲へ配慮してランタンの光を落とし、静かに過ごしましょう。

夜のキャンプ場は思った以上に声が響くのでご注意を。

 

車の出入りも可能な時間が決まっていることが多いので、事前にチェックを忘れずに。

ファミリーキャンプ 準備編

キャンプをしようとした時に気になるのがどんな準備をしたらいいのかということです。

経験者では当たり前に分かっていても、初心者だと分かりませんよね。

 

どんなグッズを用意しなくてはいけないかという細かいところは別の記事でご紹介するとして、ここでは、初心者ならではの疑問を投げかけていきたいと思います。

Q1 季節ごとにおすすめの服装は?

季節ごとに暑さ対策、寒さ対策、安全対策を意識することが大事ですが、まずは動きやすい格好を選びましょう。

夏でも長袖や長ズボンがあると虫対策や急な寒さ対策にも良いですね。

 

キャンプの夜は思った以上に冷えることが多いので、事前にキャンプ場の最低気温を確認しておくとよいでしょう。

 

スウェット×ジーンズ×スニーカーという組み合わせでもOKですが、雨の時に乾きやすい素材や、雨対策としてレインスーツを準備しておくと安心です。

Q2 虫がイヤ!何とかならない?

虫の少ない春や秋の涼しい時期や標高の高いキャンプ場を選ぶとよいかもしれません。

 

テントは、基本的に蚊帳のような構造になっているため、出入りの時だけ気を付ければ、虫の侵入を防げるので安心。

 

どうしても気になる場合は、キャンプ用の虫除けグッズも多く販売されているので、それらをチェックしてみてください。

Q3 ファミリーにおすすめのテントは?

ファミリーキャンプなら、寝室とリビングを兼ね備えた2ルームテントをおすすめしています。

 

これからの季節は、日光を90%以上ブロックしてテント内の温度上昇を抑えてくれる素材を使用したタフスクリーン2ルームハウス/MDX+がおすすめです。

 

お子さまの夏休みに合わせた夏のキャンプでも涼しく過ごしていただけます。

 

公園遊びでも大人気の簡易テントのおすすめはこちら

Q4 悪戦苦闘しながらキャンプ準備をしている初心者を上級者はどう思う?

最初はだれもが初心者だったので、あくせくしている様子を馬鹿にする人は誰もいません。
分からないときは皆さん助けてくれます。

ファミリーキャンプ 実践編

よし、キャンプに挑戦してみよう! と思ってキャンプをやってみることに。

いざ、到着したはいいけど、ここでも気になることが……。

Q1 キャンプ場到着後、周囲の方にあいさつは必要?

チェックイン・アウトの際のキャンプ場の方への挨拶はもちろん、お隣のサイトや炊事場などすれ違う人にも挨拶をしましょう。

 

挨拶をしてなくてもマナー違反になりませんが、「こんにちは」の一言で、とても気持ちの良いキャンプになります。

Q2 おすすめの準備をする順番ってある?

おススメの順番は、

テントの設営⇒食事の準備⇒食事⇒お風呂⇒就寝

ですね。

※お風呂はテント場近くに入浴施設がある場合

 

テントの設営、食事の準備は慣れていないと、思ったより時間がかかります。

薄暗くなってくると準備がしにくくなるので、テントの設営時には、寝室のマットや寝袋の準備もしておきましょう。

 

また、食事の準備も少し早くはじめることで、焚き火の時間など余裕をもって楽しむことが出来ます。

Q3 ファミリーキャンプでの過ごし方についておすすめは?

せっかくキャンプに行くなら、いろいろやらなくちゃ、プランを考えなくちゃと思ってしまうかもしれませんが、何も考えなくても大丈夫。

 

テントの設営や食事、焚火などをするだけでも子どもたちには新鮮な出来事なので楽しめます。

また、自然の中で過ごしているだけで、枝を見つけたり、木の実を探したりとやりたいことの幅が広がっていきますよ。

 

その他、キャンプ場やその周辺には体験教室やいろいろなアクティビティが用意されていることも多く、そういったものに参加してみるのも醍醐味の1つです。

 

ASOPPA!では以下のようないろいろな自然あそびもご紹介していますので、参考にしてみてくださいね。

 

音さがし

葉っぱであそびほうだい

最後に、キャンプに行ってみたいけど足踏みしている方へひと言!

キャンプで焚き火、ご飯、みんなの笑顔を想像してみてください!

 

まずは肩ひじはらずにレンタルなども活用しながら大きな一歩を踏み出せば、少しずつあなたらしいキャンプの形がみつかるはずです!ぜひ一緒に楽しみましょう^^


何からはじめたらいいかわからないという方も多いはず。

【明日キャンプ行きませんか?】シリーズでもお世話になっているコールマンさんでは、キャンプのイメージがわくようなWEBコンテンツや、イベントもご用意しております。

 

例えば今回こちらでご紹介した一問一答以外にも気になる疑問にお答えした「CAMP大丈夫辞典」などがありますので、チェックしてみてください。

まとめ

本当にキャンプをやったことがない人にとっては、経験者だと分からない、忘れてしまったというような素朴な疑問が沢山ありますよね。

今回ご紹介した一問一答がファミリーキャンプ初心者や未経験者にとってお役に立てばうれしく思います。

まずはレンタルなどで気軽に一歩踏み出してみてはいかがでしょうか?


文/ASOPPA!事務局

関連記事


こちらのサービスをご利用になるには無料会員登録が必要です

すでに会員の方こちら

初めてご利用の方はこちら

閉じる